奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター

遺伝子教育研究センター

学内共同研究施設として放射線実験施設、動物実験施設、植物温室などの管理運営をおこなっています。放射線実験施設は全学のアイソトープの安全管理と利用者への教育実習をおこなっています。動物実験施設では、小動物の飼育管理や利用者講習会をおこなうとともに遺伝子改変マウスの作製もおこなっており、動物個体レベルでの研究のサポートをしています。植物温室は、開放系と閉鎖系の温室をもち、研究に必要な植物個体と遺伝子組換え植物の管理などをおこなっています。これらの各施設は最先端のバイオサイエンス研究を進めるために必須なもので、専門の技術職員が配置され施設の円滑な運営に務めています。

植物温室(学内利用)

遺伝子組換え植物と非組換え植物を栽培できる大型の温室が2棟あります。各部屋や人工気象室は、温度や照度、湿度を設定することができ、様々な植物を多様な生育条件で栽培することができます。

動物実験施設(学内利用)

本学で行われる研究および教育のための利用を目的とした動物実験施設です。微生物学的に管理された実験動物が飼育されています。また動物実験を行うための環境が整備され、専門の職員による技術提供も行っています。利用者は定められた規則を遵守し、適正な自主管理のもと動物福祉に配慮した動物実験を行っています。

放射線実験施設(学内利用)

放射性同位元素はその使用が法律で厳しく規制されていますので、放射線実験施設の管理区域内でのみ取り扱うことができます。教育訓練を受け、許可された人のみ入室可能です。放射性同位元素は、ごく微量なサンプルの分析・解析には、非常に感度がよく、トレーサー実験や細胞増殖測定に用いられています。